ロゴ
HOME>口コミ>もしかしたらあなたもかも!下肢静脈瘤を疑った理由とは?

もしかしたらあなたもかも!下肢静脈瘤を疑った理由とは?

診察

足の血管が異常に浮き出ているなどの自覚症状がある場合に疑ってほしい病気があります。それが、下肢静脈瘤です。女性がなりやすいものだと言われている病気なので、どんな病気か治療法には何があるのかなど色んな情報を集めておきましょう。

みんなの声

血管が浮き出て不自然だったんです【40代|女性】

デパート勤務も20年近くになると、体のあちらこちらにガタが来ているのが判ります。勤務形態が立ち仕事と言うこともあり、腰を痛める人がいれば下肢静脈瘤になってしまう人も多くいます。この下肢静脈瘤は女性がかかる病気とも言われますが、長時間立って仕事をする割合は女性の方が多いことも原因ではないかと考えています。この病気、痛みを感じないことが病気を進ます原因にもなると思えるのです。夕方には血液の膨らむようになり、これはまずいとなるのですが、翌朝になると状態も戻っていることもあり、ついつい放っておく人もいました。しかし血管の膨らんで来たことが気になり病院へ行き診断を受け、弾性ストッキングを使う圧迫療法を受けることにしました。症状が悪くなると手術の可能性もあるとのことでしたので、注意が必要な病気と知ったのです。

血管が瘤状に膨らんでおかしいと思いました【50代|女性】

子供も大きくなり家計の手伝いと考え、スーパーのレジを担当するようになりました。一日6時間ほどの勤務で週に4日ほどのパート勤務と言うことで、これなら体力的にも大丈夫と仕事をはじめました。しかしいつの日か、ふくらはぎの血管にコブが見えて来たのです。細い足ではありませんが、青白い血管が浮き出ると共にコブの状態になっているのでした。見た目にも良くなく、子供たちにも病院へ行くよう勧められました。痛みがないことからただの疲れと考えていたのですが、病院の診断では下肢静脈瘤と言うことです。今は手術をする必要はないけれど、放っておくことで症状が悪化した時にはその必要性もあるとの説明でした。治療方法としてふくらはぎを良くマッサージすることと、普段は弾性ストッキングを履くことでした。今ではかなり収まり、コブも見えなくなって来ています。早めの治療が良い方法と考えます。